FX取引には様々な取引注文が用意されています。この取引注文の豊富さがこの投資の特徴でもあります。取引注文が多いなら、それを活かさない手はないと思うかもしれません。しかしFXはいろいろな取引注文を利用する必要はありません。成行注文だけでは十分利益を上げることが出来ます。実は長期的に利益を上げているプロトレーダーと呼ばれている方は成行注文しか使っていないという方がほとんどです。
したがって初心者の方は、無理して難しい注文取引をするのではなく、簡単で最も基本的な成行注文を使って取引しましょう。初心者の方には特におすすめです。


取引注文の豊富さは投資家にとって有利

どの投資に参加しようか考えた時に考えることは、投資家にとって有利な仕組みになっているかどうかです。有利な仕組みとは一言で言うと「投資家の選択の幅があるかどうか」。これにつきます。
例えば株式投資が取引することが出来る時間はしっかりと決められています。その時間帯のみにしか取引することが出来ないので、何をしてもその決められた時間内に注文を出さないといけないことになります。しかしFXは24時間取引することが出来るので、時間的制約を一切受けません。つまりあなたの好きな時間帯にいつでも取引することが出来ます。これが先ほど言った「投資家の選択の幅」です。
FXが初心者でも気軽に参加することが出来る投資と言われている一番のポイントは、投資家の選択の幅があることにあります。取引注文方法の豊富さもその一つです。


FXでは決まった時間に取引すればいい

確かに豊富な注文方法があれば各投資家に合わせた取引をすることが出来ます。しかしそれは長年FXに関わってきたトレーダーなら良いかもしれません。FXで覚えなくてはいけない事は何も注文方法だけではありません。レバレッジ、スプレッド、通貨選択と多くあります。一度にこれだけたくさんの事を覚えるのは厳しいですよね。そこでせめて注文方法だけは覚える手間を無くしましょう。
しかも先ほども言いましたが、プロトレーダーは成行注文しか使わない人が多いです。ではなぜ成行注文しか使わないトレーダーが多いのでしょうか。
それは為替相場の変動するタイミングに関係あります。為替相場が大きく変動する時間帯は主に日本時間で言うと、22時以降になります。その理由はニューヨーク市場が開くからです。為替相場はやはりアメリカの影響を大きく受けています。ニューヨーク市場が開いたタイミングで投資家の動きが活発になるのです。つまり為替相場が変動する時間帯に成行注文で取引する。これだけでFXは利益を上げることが出来ます。指値注文やIFD注文などを駆使して取引する必要はないのです。FXはオンラインで取引することが基本であることを覚えておいてください。
FXに慣れてきた、もっといろいろな注文方法を使って取引してみたい、22時以降は仕事でオンライン取引することが出来ない。このような方は他の注文方法を使ってみてください。何も必ず成行注文しか使ってはいけないという事ではありません。