FXでは証拠金というお金を預けて、このお金を元にして投資を行います。株式投資などと違うのは、てこの原理を利用することで、このお金よりも大きい外貨為替を動かすことができるレバレッジの設定です。無にすることももちろん可能ですが、利益を出しやすいと設定する人も多いようです。


FXのレバレッジはプラスにもマイナスにも作用

FXでプラスにもマイナスにも作用するレバレッジは、高くなるほどハイリスクハイリターンの投資となります。日本では25倍が最大値という上限がありますが、最大に設定しても10万円が250万円になるのですから、非常に大きな数字といえるでしょう。初心者だけでなく、レバレッジを利用して利益を大きくしたいと考える人には、厳重なリスク管理をおすすめします。


マージンコールやロスカットに頼りすぎないこと

FXでは証拠金が一定割合減ることで、アラート通知を出すマージンコールと、マイナスが出たときに強制的に決済を行うロスカットがあります。ロスカットとは、これ以上のマイナスを産まないために、証拠金だけで足切りをするものですが、これだけに頼ると、リスク管理はマイナスを出して終わってしまいます。チャートのチェックができない場合には、その前に決済を行うなどの早めにトレードを終わらせるようにしましょう。