FXでは、秒単位で外貨為替の価値が変わってきます。このチャートには動きに一定の癖があると言われていて、右肩に上下を繰り返しながら少しずつ上昇、上り詰めると、一度下がるというものです。このような癖をデータに照らし合わせる方法は、初心者でも利用できるテクニカル分析と言われるようです。


FXで右肩上がりの数分を狙うトレード

デイトレーダーなど一日のあいた時間だけという短期トレードの中でも、この価値が徐々に上がる時間帯に狙いを定めて、価値の上昇と下降に合わせて、早い場合には数秒間に繰り返し売買を行なって利益を確定するトレード方法があり、これは波形の頭部分だけを削り取ることから、スキャルピングとトレード方法に名前がついています。


今のところ、法律の規制はないという

スキャルピングはシステムなどを使う場合、数秒間で何千回のやり取りになる可能性もあることから、禁止する会社も出ることが海外ではあるようです。日本では特に法律の規制はありませんが、手動売買のみなどの制限があるFX会社もあるそうです。このトレード方法は一瞬のタイミングで売買を繰り返すため、証拠金なども必要最低限のお金だけを口座に預けておくほうことをおすすめされているようです。

※外部参考リンク・・・・初心者におすすめのFX(http://www.marcdemesel.be/)