FXの取引で用いられる通貨は、ドルだけではなくさまざまあります。
基本的に、FXでは2国間の為替や金利の「差」から利益を手に入れます。
「円ドル」や「スワップ」は、その典型的なものです。
初心者のうちはあまり多くの通貨で取引する必要はありませんが、慣れてきたら取引してみるのもおすすめです。


FXで用いられる各国の通貨

FXで用いられている通貨は主に、米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンド、NZドル、カナダドル、スイスフランです。
それぞれの説明をすると長くなってしまうので割愛しますが、それぞれの通貨に向いている取引方法があります。
また、世界情勢によっても相場は変わってくるので、臨機応変に世界の通貨を用いることができれば効率的に利益をあげることができます。
中級者や上級者になってくると、短期取引や長期取引でさまざまな通貨ペアを用いていることもあるそうです。


一番ポピュラーなのは米ドル

為替といえば、もっとも有名なのが米ドルです。
1ドル○円というレートをよく聞く円ドルは、日本だけでなく為替相場全体に影響を与えるほど世界でも有名です。
米ドルは外国為替取引の基軸として用いられているため、ほぼすべての通貨と関わりがあります。
そのため変動が激しく、FXに向いているというわけです。