FXではレバレッジをきかせることで証拠金が少なくてもトレードができるということから、投資の最初にかかるお金が少なくていいというメリットで、副業に気軽に始められているそうです。初心者でも口座が簡単に作れることなどもあります。


FXで証拠金が少ないと損することは?

FXでは強制ロスカットという、証拠金の一定以上のマイナスが出たときにトレード強制終了システムが組み込まれています。そのため、少ない証拠金とハイレバでトレードを行う場合、一時的な暴落に対して、耐久力がないトレードとなってしまうそうです。外貨為替は一時的に価値が急激に下がり、回復を見せるということもあります。しかし強制ロスカットには、一時的なもの、などの概念はないため、証拠金を割ってしまったら、退場となってしまうのです。


会社で違う強制ロスカットの数字

会社によってロスカットを行う証拠金の残金設定は違うそうですが、証拠金が少ない状態で行うトレードは、急激な変動に対する耐久力は非常に弱くなってしまうという判断をしたほうがいいそうです。証拠金はFXの利益分からも増やすことが可能だそうですから、スタート地点で少ないとしても、得た利益で土台となるお金をしっかり固めることをおすすめする人が多いと言われるそうです。