FX初心者必見!会社の選び方|おすすめランキング

FXでの通貨ペアの選び方は?

取引を実際に始めてから分かる人もいるとは思いますが、通貨ペアの選び方が重要になってきます。
中にはマイナーな通貨もあり選んでいる人もいるけれど、なるべく無難な通貨ペアを選ぶことをおすすめします。
特にFX初心者は慣れるまでに時間がかかってしまいますから、出来るだけ慣れるまでは無難な取引を行うのがいいですね。
最初から冒険するのは危険なので、冒険するのは慣れてからにしてまずは、基礎をしっかり固めてみてはいかがでしょう?


FXではこれを選ぶ!

通貨ペアについてですが、最も無難だと言われているのは米ドル/円や英ユーロ/円だと言われています。
とてもメジャーな通貨なので換金がしやすいですし、安定しているから初めてでも安心して行えますよ。
マイナーな通貨は換金までに時間がかかりますし、波も激しいですので向いていないのだそうです。
最初のうちは、変に手を出さないで学びながら行なっていくのがいいのかもしれませんね。


チャートが肝心?

チャートを見てからどんな取引を行なおうか考えている人もいるでしょう。
では、どんなチャートがFXに向いているのか・・・それは素人でもわかりやすい・見やすいチャートなんです。
ですから、FX業者を選ぶ際にはチャートに注目してみて下さいね!

FXのスキャルピングという一日数分の投資

FXでは、秒単位で外貨為替の価値が変わってきます。このチャートには動きに一定の癖があると言われていて、右肩に上下を繰り返しながら少しずつ上昇、上り詰めると、一度下がるというものです。このような癖をデータに照らし合わせる方法は、初心者でも利用できるテクニカル分析と言われるようです。


FXで右肩上がりの数分を狙うトレード

デイトレーダーなど一日のあいた時間だけという短期トレードの中でも、この価値が徐々に上がる時間帯に狙いを定めて、価値の上昇と下降に合わせて、早い場合には数秒間に繰り返し売買を行なって利益を確定するトレード方法があり、これは波形の頭部分だけを削り取ることから、スキャルピングとトレード方法に名前がついています。


今のところ、法律の規制はないという

スキャルピングはシステムなどを使う場合、数秒間で何千回のやり取りになる可能性もあることから、禁止する会社も出ることが海外ではあるようです。日本では特に法律の規制はありませんが、手動売買のみなどの制限があるFX会社もあるそうです。このトレード方法は一瞬のタイミングで売買を繰り返すため、証拠金なども必要最低限のお金だけを口座に預けておくほうことをおすすめされているようです。

※外部参考リンク・・・・初心者におすすめのFX(http://www.marcdemesel.be/)

FX初心者の方は成行注文だけで充分である

FX取引には様々な取引注文が用意されています。この取引注文の豊富さがこの投資の特徴でもあります。取引注文が多いなら、それを活かさない手はないと思うかもしれません。しかしFXはいろいろな取引注文を利用する必要はありません。成行注文だけでは十分利益を上げることが出来ます。実は長期的に利益を上げているプロトレーダーと呼ばれている方は成行注文しか使っていないという方がほとんどです。
したがって初心者の方は、無理して難しい注文取引をするのではなく、簡単で最も基本的な成行注文を使って取引しましょう。初心者の方には特におすすめです。


取引注文の豊富さは投資家にとって有利

どの投資に参加しようか考えた時に考えることは、投資家にとって有利な仕組みになっているかどうかです。有利な仕組みとは一言で言うと「投資家の選択の幅があるかどうか」。これにつきます。
例えば株式投資が取引することが出来る時間はしっかりと決められています。その時間帯のみにしか取引することが出来ないので、何をしてもその決められた時間内に注文を出さないといけないことになります。しかしFXは24時間取引することが出来るので、時間的制約を一切受けません。つまりあなたの好きな時間帯にいつでも取引することが出来ます。これが先ほど言った「投資家の選択の幅」です。
FXが初心者でも気軽に参加することが出来る投資と言われている一番のポイントは、投資家の選択の幅があることにあります。取引注文方法の豊富さもその一つです。


FXでは決まった時間に取引すればいい

確かに豊富な注文方法があれば各投資家に合わせた取引をすることが出来ます。しかしそれは長年FXに関わってきたトレーダーなら良いかもしれません。FXで覚えなくてはいけない事は何も注文方法だけではありません。レバレッジ、スプレッド、通貨選択と多くあります。一度にこれだけたくさんの事を覚えるのは厳しいですよね。そこでせめて注文方法だけは覚える手間を無くしましょう。
しかも先ほども言いましたが、プロトレーダーは成行注文しか使わない人が多いです。ではなぜ成行注文しか使わないトレーダーが多いのでしょうか。
それは為替相場の変動するタイミングに関係あります。為替相場が大きく変動する時間帯は主に日本時間で言うと、22時以降になります。その理由はニューヨーク市場が開くからです。為替相場はやはりアメリカの影響を大きく受けています。ニューヨーク市場が開いたタイミングで投資家の動きが活発になるのです。つまり為替相場が変動する時間帯に成行注文で取引する。これだけでFXは利益を上げることが出来ます。指値注文やIFD注文などを駆使して取引する必要はないのです。FXはオンラインで取引することが基本であることを覚えておいてください。
FXに慣れてきた、もっといろいろな注文方法を使って取引してみたい、22時以降は仕事でオンライン取引することが出来ない。このような方は他の注文方法を使ってみてください。何も必ず成行注文しか使ってはいけないという事ではありません。

FXで取引できる通貨はいろいろある

FXの取引で用いられる通貨は、ドルだけではなくさまざまあります。
基本的に、FXでは2国間の為替や金利の「差」から利益を手に入れます。
「円ドル」や「スワップ」は、その典型的なものです。
初心者のうちはあまり多くの通貨で取引する必要はありませんが、慣れてきたら取引してみるのもおすすめです。


FXで用いられる各国の通貨

FXで用いられている通貨は主に、米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンド、NZドル、カナダドル、スイスフランです。
それぞれの説明をすると長くなってしまうので割愛しますが、それぞれの通貨に向いている取引方法があります。
また、世界情勢によっても相場は変わってくるので、臨機応変に世界の通貨を用いることができれば効率的に利益をあげることができます。
中級者や上級者になってくると、短期取引や長期取引でさまざまな通貨ペアを用いていることもあるそうです。


一番ポピュラーなのは米ドル

為替といえば、もっとも有名なのが米ドルです。
1ドル○円というレートをよく聞く円ドルは、日本だけでなく為替相場全体に影響を与えるほど世界でも有名です。
米ドルは外国為替取引の基軸として用いられているため、ほぼすべての通貨と関わりがあります。
そのため変動が激しく、FXに向いているというわけです。

FX口座を選ぶなら、複数口座で得だけを取る

FXでは投資の初心者でも、証拠金を少なく始めることができる、株式投資と違って、市場が24時間動くことから、空いた時間だけのトレードを行うことができるということ、インターネットから簡単にFX専用口座をつくることができると評判がいいそうです。


FX口座は特徴を掴んで、特徴を使う

過去、レバレッジの設定に法規制がなかったため、会社ではどれだけハイレバでのトレードができるかという競争があったそうですが、今は最大でも25倍なので、どこの会社でもレバレッジは変わらないそうです。その分、会社は短期トレードをメインに扱う会社と、長期トレードやスワップポイントに重きを置いている会社に分かれている、セミナー開催などで差別化をはかっているそうです。FXは外貨為替ですから、世界の政治などニュースも大切です。


メリットだけを享受すればいいじゃん

そこで、口座の特徴や個性で、得意分野にあたるものだけを使えばオイシイじゃん、無駄じゃない!という口座の使い方が、おすすめされるようになったそうです。多くの口座では、FX口座維持費というものはかからないそうですから、口座だけ作っておいて、トレードをする口座、セミナーで勉強をするための口座、などと使い分けているそうです。

少ない証拠金で開始するトレードの注意点

FXではレバレッジをきかせることで証拠金が少なくてもトレードができるということから、投資の最初にかかるお金が少なくていいというメリットで、副業に気軽に始められているそうです。初心者でも口座が簡単に作れることなどもあります。


FXで証拠金が少ないと損することは?

FXでは強制ロスカットという、証拠金の一定以上のマイナスが出たときにトレード強制終了システムが組み込まれています。そのため、少ない証拠金とハイレバでトレードを行う場合、一時的な暴落に対して、耐久力がないトレードとなってしまうそうです。外貨為替は一時的に価値が急激に下がり、回復を見せるということもあります。しかし強制ロスカットには、一時的なもの、などの概念はないため、証拠金を割ってしまったら、退場となってしまうのです。


会社で違う強制ロスカットの数字

会社によってロスカットを行う証拠金の残金設定は違うそうですが、証拠金が少ない状態で行うトレードは、急激な変動に対する耐久力は非常に弱くなってしまうという判断をしたほうがいいそうです。証拠金はFXの利益分からも増やすことが可能だそうですから、スタート地点で少ないとしても、得た利益で土台となるお金をしっかり固めることをおすすめする人が多いと言われるそうです。

FXのリスクヘッジを勉強しよう

FXでは証拠金というお金を預けて、このお金を元にして投資を行います。株式投資などと違うのは、てこの原理を利用することで、このお金よりも大きい外貨為替を動かすことができるレバレッジの設定です。無にすることももちろん可能ですが、利益を出しやすいと設定する人も多いようです。


FXのレバレッジはプラスにもマイナスにも作用

FXでプラスにもマイナスにも作用するレバレッジは、高くなるほどハイリスクハイリターンの投資となります。日本では25倍が最大値という上限がありますが、最大に設定しても10万円が250万円になるのですから、非常に大きな数字といえるでしょう。初心者だけでなく、レバレッジを利用して利益を大きくしたいと考える人には、厳重なリスク管理をおすすめします。


マージンコールやロスカットに頼りすぎないこと

FXでは証拠金が一定割合減ることで、アラート通知を出すマージンコールと、マイナスが出たときに強制的に決済を行うロスカットがあります。ロスカットとは、これ以上のマイナスを産まないために、証拠金だけで足切りをするものですが、これだけに頼ると、リスク管理はマイナスを出して終わってしまいます。チャートのチェックができない場合には、その前に決済を行うなどの早めにトレードを終わらせるようにしましょう。

FXのバイナリーオプションで30分だけ投資

FXを始めてみたい、副業に興味がある、投資に興味を持っているが実際に株式証券や先物取引にお金をあまりかけたくないという人にもおすすめの投資があります。会社が定めた金額から、数時間後や数分後に、円安になるか、円高になるかを予想するバイナリーオプションという方法です。


FX初心者は外貨為替に慣れるためにも

バイナリーオプションでは、証拠金以上に少ない金額で、2時間後などの相場を予想します。今までは申し込みをした時点の値段からスタートなどあったようですが、今は改正されて、会社の決めた数字があるそうです。また2時間後の値段を考えますが、申し込みのスタートから結果発表までが2時間というだけでギリギリまで予想そのものはできるので、ケースによっては数分で投資ができるという仕組みだそうです。


一回ごとに決済されるからチャートの心配もない

FX初心者や、これからFXを始めてみたいという人の中で、チャートを常にチェックできないことがネックになって踏み出せないという声は大きいそうです。そのため、バイナリーオプションの一回ごとに決済される、チャートをマメにチェックする必要のない投資というのは、この不安感をぬぐってくれるのだそうです。金額なども少ない金額でスタートできるそうですが、行う時間などは会社ごとに違います。